フリーダイヤル0120-038-318 アクセスはこちら
はちみつ豆知識

ホーム > はちみつ豆知識 > ミツバチからの贈り物、純粋はちみつとは?の疑問にお答えします。

ミツバチからの贈り物、純粋はちみつとは?の疑問にお答えします。

【純粋はちみつとは?】
====================================

皆様が今、ご家庭で召し上がっている蜂蜜は純粋はちみつですか?

はちみつはミツバチ達が集めた花の蜜にミツバチが持つ酵素を混ぜて、巣に貯めたもの。その花蜜をミツバチが羽根であおぎ、水分をとばし、保存に適した糖度まで濃縮したものです。

砂糖も花蜜もはじめの成分は同じ「ショ糖」ですが、その花蜜がミツバチのお腹(蜜胃)に貯められ、ミツバチの持つ転化酵素と混ぜられることにより蜂蜜となります。この工程が「蜂蜜」と呼ばれる所以と言えるでしょう。

はじめミツバチが植物の花蜜を吸いとって、巣の中で待っているミツバチに口移しで渡します。貯蜜係のミツバチが、巣の中に花蜜を貯めて、羽根であおぎ水分を蒸発させて糖度をあげます。このときにミツバチの唾液に含まれる転化酵素が花蜜に混ぜられ、花蜜の主成分であるショ糖が果糖とブドウ糖とに分解されます。保存に最適な糖度80度前後になると、ミツロウでふたをします。

このままの蜂蜜を養蜂家が分離器を使って採蜜をしたものが【純粋はちみつ】となります。その過程で加工をすることはありません。

そこに他の糖分、水飴やブドウ糖、ショ糖などを添加したものを【加糖はちみつ】といいます。現在はあまり見かけなくなりましたね。さらに業務用の加工食品や飲料等の原料用に脱色・脱臭等加工したものを【精製はちみつ】といいます。

これらの蜂蜜と区別をする意味で「純粋はちみつ」と呼びますが、製品の表示の原材料に<はちみつ>と記載されているものを選びましょう。純粋はちみつであれば、原材料は"はちみつ"のみだからです。

【はちみつができるまでを知っていますか?】
====================================

蜂蜜とは字の示すように「蜂(ミツバチ)」と「蜜(花の蜜)」から作られます。世界に蜜を集める蜂は何種類かいますが、私達に蜂蜜として自然の恵みを分けてくれる蜂は「セイヨウミツバチ」と「二ホンミツバチ」です。

セイヨウミツバチは、日本には明治初期に輸入され、家畜として飼育されるようになりました。採蜜能力に優れ飼いやすいため、広く世界中の養蜂家に親しまれています。セイヨウミツバチは1つの蜜源植物から蜜を集める習性があるので、"アカシヤ蜜"や"トチ蜜"といった「単花蜜」として販売することができるのです。

二ホンミツバチは日本の在来種でおとなしく且つ神経質でセイヨウミツバチのように沢山の飼育が難しいところがあります。飼育方法は多種多様で飼育者の工夫によるところが多いのが現実です。どちらかというと自然の中で、大木の幹の空洞などに巣をつくり生活をしている蜂です。体もセイヨウミツバチにくらべて、小さく、色も少し黒みがかっています。はちみつを絞る際は巣ごとつぶして蜜をとるため、一年に1回しか採蜜ができません。採れた蜂蜜も色んな花の蜜が混じり合った「百花蜜」になります。濃厚で奥深い味わいです。二ホンミツバチの蜂蜜はローヤルゼリーや花粉も混じるので栄養価が高いことで知られていますが、採蜜量がとても少ないことから大変高価なはちみつです。



【ミツバチの世話とはちみつ絞りについて】
====================================

養蜂家は花のピークに合わせてミツバチが増えるように世話をします。

春:花の咲く時期に合わせて、養蜂家はミツバチ(働き蜂)の数が増えるように世話をします。花が咲いて、花々が蜜を吹く(流蜜期)時に働き手が多いと沢山の蜜を集めることができるからです。

*大切なことは、巣の点検です。巣箱をあけて巣のようすやハチの健康状態を見ます。女王蜂の産卵はできているか。子どもはちゃんと育っているか。病気になっていないか、などなど。

さあ、蜜が貯まったら採蜜をします‼

1. 巣にたっぷりと貯められた蜜を見極めて、朝早くから採蜜をします。
2. 巣から巣板を集めて遠心分離器にかけて蜜を取り出します。
3. 1斗缶に詰めて持ち帰ります。
4. ろ過をして、計量、ビン詰めをします。
5. 検品・ラベルを貼って出荷します。

*ここまでに加工はいっさいありません。ミツバチからいただいたそのままを皆様へお届けさせていただきます。

【はちみつ選びのポイントと好みの蜂蜜を見つけよう!】
====================================
[はちみつを選ぶ時のポイント]

1. 国産または海外産どちら?

国産はちみつは生産者の顔が見える小さなメーカー様から蜂蜜専門店様と国内に沢山の販売店があります。国産はちみつは近年の健康志向ブームも相まって価格が高騰していますので、信頼のおける商品を提供できるお店を見つけましょう。

海外産の蜂蜜については、中国をはじめヨーロッパの養蜂大国からの輸入品の他、近年、珍しい蜂蜜を取り扱っている店舗も多くなっています。はじめは小さな容量の蜂蜜を購入してみてはいかがでしょうか。

2. 好みの味を見つける

はちみつは花の名前が商品名になっている「単花蜜」と色んな花の蜜が混じり合っている「百花蜜」とがあります。単花蜜の代表格にはアカシヤ・れんげ・とち・りんご・みかん等がありますね。薬効成分で注目を集めている「マヌカハニー」も近年では人気があります。

・アカシヤはちみつ:あっさりしてやさしい甘さで初めての方でも食べやすくて人気。

・れんげはちみつ:やさしく上品な甘味とやわらかい香りで、国産のはちみつを代表するはちみつです。生産量が減少して希少になりました。

・とちはちみつ:コクがありまろやかな甘さではちみつ通に人気。

・りんご、みかんはちみつ:果実を思わせるやさしいフルーティなはちみつ達です。

3. 予算に合わせて好みの味を見つけましょう

はちみつの使用頻度とご予算に合わせて使いやすい蜂蜜&好みの蜂蜜を見つけましょう。

私達はちみつ専門店ならではのお客様には「毎日、お砂糖を使用せず甘味ははちみつだけです」とおっしゃる方が多くなってきました。国産蜂蜜の価格の高騰もあり、ハンガリー産アカシヤはちみつがリーズナブルで味も日本産に引けをとらないとご利用いただいており、おすすめです。

ミツバチも蜜源植物も同じアカシヤはちみつは国が変わっても受け入れられていることに大変嬉しく思います。

国産はちみつもオススメですが、近年の生産量不足等から価格高騰が止まらず、貴重なはちみつとなっております。ご自宅用にはもちろん、ご贈答にたいへん喜ばれております。アカシヤ・とち・れんげ等、「単花蜜」の方が、色々な花の蜜が混ざった「百花蜜」の方がお求め安くなっており、味わいも季節ごとや採蜜時期の花の咲き具合により様々で楽しさもあります。

【はちみつを楽しく美味しく使いましょう!】
====================================

ここでは、はちみつの上手な活用方法についてお伝えします。

1. 飲み物や料理に甘味として。

はちみつとバターをたっぷりぬったトースト、はちみつ入りのコーヒーや紅茶は定番中の定番ですね。料理では大活躍のはちみつです。砂糖のかわりに甘味料としてはもちろん、魚などの臭いを消してくれたり、お肉をやわらかくしてくれる効果もあります。さらに味にコクとツヤ、深みを増すことで◎

2. 美容に飲んでよし、ぬってよし!

はちみつは保湿効果が高いことでも知られています。この効果を利用してはちみつ洗顔はいかがでしょうか。

お手持ちの洗顔料を泡立てて、少量のはちみつをよく混ぜてからお顔を洗ってください。あとはいつものように洗い流すとしっとりお肌が体感できますよ。

はちみつパック:お肌が疲れたり、カサカサで気になる時には、お風呂で洗顔後にはちみつパックでリラックスしてみてください。お風呂を出る際に洗い流せばOKです。

ぜひおためしください。冬のくちびるの乾燥にもはちみつパックが効果的です。

3. 治療用のはちみつ

日本薬局方にも記載があるはちみつは、口内炎にはちみつをぬり、症状を改善することができるなど、古い時代から軽い火傷やのどの痛み、咳止めなどの民間療法として蜂蜜が利用されてきました。お腹の調子を整え、疲労回復にも効果があります。

4. イライラや眠れない時に

甘いものととると幸福感を得ることができますよね。はちみつもその一つと考えられ、イライラした際には、はちみつを食べてリラックス。さらに眠れない時には、はちみつをいれたホットミルクもおすすめです。

【おすすめの純粋はちみつ】山のはちみつ屋 売れ筋人気ランキングBEST5

🥇国産アカシヤ600g:クセのない優しい甘さは初めての方にもオススメ。

秋田県は国内でも有数のアカシヤ蜂蜜の生産県です。おいしい蜂蜜を求めて転地(移動)養蜂で採蜜している養蜂家さんもいます。

🥈ハンガリー産アカシヤスタンドパック1000g:国産アカシヤに味・風味が似ていて、国産アカシヤより少しコクがあり、やさしい甘さと価格で人気です。

🥉国産トチ600g:コクのあるまろやかな甘さで一番人気のはちみつです。玉川温泉に通じる深山にはトチの大木が沢山あり、花の季節には遠目にもたくさんの花が咲いているのを見ることができます。

4位国産里山の百花蜜300g:色も香りも濃厚でコクがあり風味豊かです。養蜂歴50年&はちみつ専門店店主ならではの言葉「はちみつは色んな花の蜜が混じり合うほどおいしくなるんだ」と。季節ごとに風味がちがいますが、その時々の自然の花達の味わいを楽しんでいただきたいはちみつです。

5位国産はちみつりんご600g:ほんのり果実の香りと爽やかでフレッシュな甘さです。デザート作りや紅茶に入れてお楽しみください。(限定品につき販売終了している場合もあります)


【まとめ】

ミツバチと花の蜜からでしか作り出すことのできない「純粋はちみつ」です。「ミツバチと自然の花との話し合いができている」と蜂五郎は言います。花達は受粉が必要なころになると香りでミツバチを呼び寄せ受粉を手助けしてもらう。そのお返しに花蜜を出してミツバチに渡している。そんな相互関係が私達に大自然の恵み「純粋はちみつ」をもたらしてくれるのです。健康と豊かな食生活のために、美味しくてビタミンやミネラルも豊富な純粋はちみつを生活にプラスしませんか。